南風原町ふるさと納税特設サイト

南風原花織九寸帯(反物)総柄 詳細ページ

特産品名
南風原花織九寸帯(反物)総柄
寄付金額
600,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
提供元
金宮黒糖加工所
特産品内容
寸法:幅35cm×長さ5m20cm
素材:絹100%(手染め、手織りの南風原花織)
商品コメント
南風原花織は沖縄県南風原町でつくる手織の布です。時代を越え親から子へ花織は伝えられてきました。
日本絣のルーツ「琉球絣」をふるさと納税で!

琉球絣はインドのパトラ織りにその端を発し、14~15世紀ごろ琉球王府の大交易時代に沖縄へ伝播。気候や風土に合った独自の絣がつくられ、それらが海を越え伊予絣、久留米絣、備後絣など日本各地の絣のルーツになったと考えられています。南風原は琉球王府時代から「琉球絣」の産地として知られ、現在も祖先から受け継いだ伝統を守りつつ新しいデザイン手法を導入することで、時代にマッチした絣を創り続けています。




伝統ある多彩な図柄のバリエーションは600種以上

琉球絣の特徴は多彩な図柄にあり、独特の幾何学模様は琉球王府時代から伝わる「御絵図帳(みえずちょう:当時の絵師たちがまとめた絣の図案集)」がもとになっています。そのバリエーションは実に600種以上。それらの図柄を時には組み合わせ、その通りに織れるよう束ねた糸を計算した間隔で染色。その糸を使い経糸の間に緯糸を投げ入れて織っていく昔ながらの技法で製作しています。ここが織り上がった布を後から染める「後染織物」とは違う点で、糸の染め方や織り方の加減によって図柄のエッジがわずかにかすれたようになることから「かすり」と呼ばれるのです。






希少性があり文化的側面の価値も高い琉球絣

手織りならではの微妙な模様や色彩が「かすり」の魅力。しかし上記をしたように大変手間のかかる作業のため、織り手の技量にもよりますが1時間で織れるのはわずか50 cm前後と言われています。そんな手間暇をかけ丹念に織り上げた絣には、非常に高い希少価値があります。なかでも琉球絣は「日本で作られる絣のルーツ」とも言えるもので、希少性はもちろん文化的側面も持ち合わせており、国からも「伝統的工芸品」として指定を受けています。




【地場産品基準について】
南風原町で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。